新規就農とは何かを簡単に説明します

昔から農家がつくる作物は日本人である私たちの生活には欠かせない存在です。最先端技術の発展は目覚ましく情報やデータのすべてがデジタル化していく中でも、新旧問わず農作物をつくるのに必要な人と環境、制度は必要とされています。人の暮らしの営みの根幹を支える農業の発展は、国の政策にとても大切な事項です。しかし年々農業従事者は減少しつつある傾向にある中、新規就農が注目されています。しかしどのようなビジネスにおいてもピンチこそがチャンスであるのです。多くの人がデジタル化の流れに目を向けている中で、人が口にする安心で安全な農作物を育てていく環境を確保することを後回しにされがちです。農業の未来は新たに農業をする人の確保から始まるといっても過言ではありません。新規就農とは農業における後継者不足の解消のために、別の業種からの人材確保を勧める取り組みとして知られています。ベンチャー企業が生まれては消えてゆく現代の中ですが、これからの農業にはどんなビッグビジネスのヒントが隠されているのでしょうか。

農業の未来を自分がどう見ているか

まず新規就農には大きく二つの方法が存在します。それは組織に属する雇用という形で農業を行うか、あるいは独立をするかという選択です。初心者であればまずは組織に属して農業のノウハウを学ぶことをお勧めします。組織に属した場合、報酬においてはサラリーマンのように一定の給料をもらえることができ、安定感もあります。組織ならではの知名度確保と保障がメリットと見受けられます。農業に初めて取り組む方への育成にも力を入れており、農地の確保や機材の導入にも相談できる窓口がありますので、比較的早い段階で就農が実現可能となります。一方で確固たる斬新なアイデアを持ち、新しい農業の分野を開拓していきたいという自分なりのビジョンを持っている人は、独立路線で勉強し、必要な情報を仕入れる必要があります。自分がどちらのタイプかを見極めましょう。

地域や組織の仕組みを知ることが大切

都会の喧騒から逃れ、脱サラをして農業に従事しようとする人も少なくありません。しかし、決してすぐに始められる事業でないことも確かです。農業を行うためには趣味で行う分には問題ありませんが、商売にしようと思うのであれば様々な手続きや販売ルートの確保、戦略を練っていなければいくら美味しい作物を作ったとしても、赤字続きで廃業に追い込まれてしまいます。何事も新しいことを始める際は、万が一のリスクに備えておく必要があります。資金の調達や銀行との兼ね合い、地元の組合との関係性など、コミュニティの仕組みを知っておく必要があります。自信のない人はまず農業を専門に扱う学校に通い、知識を身につけることをお勧めします。農作物を育てるだけではなく、経営者としての手腕も問われますので、絶え間ない努力が必要であることは覚悟しておくべきでしょう。